腸内運動

葉酸は1日のどこで摂取するのが効果的?

ビタミンBの一種である葉酸は、血液の中の赤血球を作りだすほか、細胞が増える際に必要なはたらきをする栄養素です。
最近では女性にとって必要な栄養素として、注目されています。
この葉酸は、1日の中でどの時間に摂取するのが効果的でしょうか。

より葉酸を効率よく取り込みたい、という場合には、食間を狙って摂取してみましょう。
葉酸は空腹時に摂取することで、腸での吸収率がアップするといわれています。
ただし、葉酸は尿として体外に排出されやすい栄養素でもあるため、1日の中で複数回に分けて摂取する必要があります。
目安としては、朝食と昼食の間に1回、昼食と夕食の間に1回、といったスパンがよいでしょう。

葉酸は緑の葉っぱを持つ野菜、特にからし菜やホウレンソウなどに多く含まれる栄養素です。
その他にも、いちごやマンゴーなどの果物や大豆製品やレバーなどにも含まれています。
こまめに日頃の食事から摂取するのが理想的ですが、毎日大量の食材を摂取するのは難しいでしょう。
特に妊娠時の女性には400μg以上の摂取が望ましいとされており、食事だけでは不足しがちな栄養素だといえます。
そのため、サプリメントなどの栄養食品から、効率よく摂取することがオススメです。

葉酸を含むサプリメントは医薬品ではないため、摂取する時間などに決まりはなく、好きな時間に摂取しても問題ありません。
しかし、効果的に摂取するためには、毎日時間を決めて摂ることが良いといえるでしょう。

サプリメントというと、主に錠剤タイプのものが市販されていますが、これを胃の中で溶かす場合、胃液の分泌というのが必要となります。
しかし、空腹時には胃液の量も少なく、体への負担も大きくなるなどのトラブルを引き起こし兼ねません。
そのため、無理なく葉酸を体内に取り込むためにも、食後など胃液の分泌が落ち着いた時間帯に摂取するのがよいでしょう。
特に普段から胃痛を引き起こしやすい、と言う方は注意が必要です。