腸内運動

葉酸とDNA生合成の関係性

人間の遺伝子情報が含まれているDNAは細胞の中の核酸に含まれており、分裂を繰り返していく人間が生きていく上で欠かせないものです。
DNAの働きを助けるといわれているビタミンBの一種である葉酸と、DNA生合成とはどのような関係があるのでしょうか。

葉酸を含む食品を摂取することで、体内でテトラヒドロ葉酸という物質に変わり補酵素としてはたらきます。
ビタミンB12と共、血液の成分のひとつである赤血球や赤血球を作りだす役割があることから、不足すると息切れをしたり脈が増え動悸が起こるなどの貧血の症状が起こることが知られています。

また身体の中の細胞に含まれているメチオニンという物質が、アミノ酸へ合成される手助けをするという働きもあります。
メチオニンがアミノ酸になることにより、人間が動くエネルギーの元となるタンパク質が作られていきます。

さらにDNAやRNAが含まれている核酸と呼ばれる細胞の組織が作りだされたり細胞が増えるために、不可欠な物質であるといわれています。
DNAは人間が持っている遺伝の情報がつまっています。
またRNAはリボ核酸とも呼ばれる物質で細胞が増える時に、DNAの遺伝情報を基にたんぱく質を作りだす役割があります。
これらの働きを助ける葉酸が不足をすると、たんぱく質が合成されず細胞の分裂がうまくいかなくなってしまいます。

その結果細胞の新陳代謝がうまく行われず、免疫力が下がったり老化の原因になると考えられています。
また細胞が分かれる際など何らかの原因でDNAがキズが付いてしまうと、葉酸はDNAの情報を修復するという働きもあります。

そのためひとつの細胞から約60兆個といわれる人間の身体を作るために、急激に細胞が増えて発達を行うお腹の中の赤ちゃんには、非常に多量の葉酸が必要となるのです。
妊娠を希望する女性は、普段の2倍近くの多くの葉酸を積極的に摂取するように厚生労働省によってアナウンスが行われています。